“円筒形状の板バネ”の検査装置

【お客様の要求】
・新規の開発品で、円筒状の板バネを造りたい。
・プレス加工の形状では厳しい公差管理を実現したい。 [φ12 ±0.2]
・熱処理とメッキなどで変形するかもしれないが全数検査が必要である品物に対して、品質保証体制を取りたい。

【山陽だから】
・マルチフォーミング工法で板材から円筒状に成形し、材料ロスを大幅にカットしました。
・専用検具とセンサー技術の組み合わせで検査装置を製作し全数保証体制を構築しました。
・大量生産においても品質を確保しながら要求される納期対応を実現しました。(100,000個/月に対応)

『こんなこと、考えられないか』 がございましたら、山陽営業部までご連絡下さい!!