汎用ロボットによる、バネ成形の省人化技術紹介

線バネ職場の課題

  • 引きばね製造において、フック部が長いバネは、機械の構造上で片側フックの成形が出来ない。
  • フック部の曲げ治具を製作して、人による加工が発生し工数が掛かってしまう。
  • 未加工などの品質リスクも残る。

 

山陽の取り組み

NCバネ成形機と汎用ロボットを組み合わせて、省人化を実現しました。

  1. 多軸の汎用ロボットで、NCバネ成形機で、第2フック部立ち上がりまでの製品をロボットハンドで掴み、フック部曲げ治具に固定しベンダー曲げでフックを成形する。
  2. 汎用ロボットを使い、専用バケットによる入り数管理、テンパ炉投入など一連の作業を無人化する。
  3. LT短縮と原価低減につながる。

『こんなこと、考えられないか』 がございましたら、山陽営業部までご連絡下さい!!