HOME > 会社案内 > グループ沿革

会社案内 グループ沿革

1952年 後田耕助が富士精密発条製作所を創業
1954年 薄板ばね、プレス加工部門新設
1957年 山陽商会と合併、山陽株式会社設立
1958年 金型製作部門新設
1961年 現在地に工場を建設し移転
1963年 組立加工部門新設
1972年 マルチフォーミングプレス部門新設
1977年 熱処理工場新設
1979年 汎用コンピュータ導入
1985年 産業用ロボットの導入
1986年 コンピュータシステムのオンライン化
1987年 金型設計CAD/CAMシステム導入
1989年 SAD及び専用機の製造・販売
1991年 ロボットプレスライン導入
1992年 線ばね部門を「サングレス株式会社」として分離・設立
1995年 空調部門を「山陽冷熱株式会社」として分離・設立
1996年 サングレス株式会社第2工場増設
1998年 ISO9001認証取得
2001年 滋賀工場設立
ISO9001:2000年版更新
2002年 中国天津工場稼動開始
ISO14001認証取得
山陽株式会社用地拡張
2003年 滋賀工場を「サンレーク株式会社」として分離・設立
2004年 サンレーク株式会社工場増設
2005年 サングレス株式会社第3工場増設
2006年 中国工場社名を「山陽(天津)機械有限公司」に変更
山陽(天津)機械有限公司第2工場増設
2007年 山陽(天津)機械有限公司第3工場増設
炭酸ガスレーザー加工機(出力4Kw)導入
2008年 経済産業省より「IT経営実践企業」の認定を受ける
山陽(天津)機械有限公司ISO9001認証取得
2009年 山陽(天津)機械有限公司第4工場増設
「大阪ものづくり優良企業賞2009」の認定を受ける
「2009年度関西IT百撰」の認定を受ける
2010年 山陽(天津)機械有限公司の工場を再編成、新工場へ移転
2011年 山陽(天津)機械有限公司ISO14001認証取得
2012年 社内電子計算機を刷新
2013年 山陽(天津)機械有限公司、第2工場増設
山陽株式会社の用地拡張
ZUB工場の移転
2014年 大阪府天王寺税務署より優良申告法人として再表敬を受ける(4回目)
2015年 山陽(天津)機械有限公司、TS16949(自動車産業の国際的な品質マネジメント規格)認証取得
2016年 山陽(天津)機械有限公司、ACサーボ300トンプレス稼働

ページトップへ

会社案内