HOME > 会社案内 > 人財育成

会社案内 人財育成

山陽自己啓発制度

社内講習風景

目的
能力を高める、働きがいをつくる、希望をふくらませる、勉強の方向づけをする、勉強しやすい環境をつくる、マルチエンジニアを育成する、といったさまざまな目的を持ったユニークな社内教育です。
対象者
入社1年目よりの全社員
内容
山陽では、さまざまな社内資格を設定しています。この社内資格を取得するには 自己啓発委員会が主催する社内講師による社内講習+資格試験合格が条件と なります。また、その他にも通信教育修了による資格認定等もあります。一定の 条件をみたすと資格手当が支給されます。
社内資格の種類
図面の見方・測定技術・測定技術上級・品質管理技術・教育技術・標準化技術・改善開発技術・通信教育技術・表計算技術初級、中級、上級・ワープロ技術初級、中級、上級・データベース技術・シーケンス技術など

SIFトレーニング

目的
・自職場で効率的な仕事ができる実践力
・経営のあらゆる場面で生産性向上策を創る設計力
・固定概念を打破できる発想力

この3つの”力”を体得し会社の収益に貢献できる人財を育成する
対象者
入社2〜3年目以降の中堅社員
内容
トレーニングの内容が体系的に学べ、応用力をも体得できるように、IE手法を通じて実際の生産現場改善を行う。
座学だけではなく、実際の生産現場の改善を通じて以下のことを身につけます。
・作業の無駄を見つけ出す技能
・現場観察から問題点を抽出する手法
・科学的に問題点を分析し、改善につなげる手法
・改善の原理原則から応用技術までの考え方

その他の教育

教育項目
TWI訓練・幹部研修・幹部候補生研修・考課者訓練・若手を育てるPJT・専門職能別教育・通信教育・部門内教育・海外研修・異業種交流会など

ページトップへ

会社案内