加工技術

大枠 加工技術 説明
プレス加工技術 バリ潰し・R面押し加工 面押しR加工とはプレス加工にて製品を打ち抜いた時に出るバリを機械的に押し潰して除去する加工方法です。
シェービング加工技術 ェービング加工とはプレス加工に用いられる用語で、打ち抜きでせん断された切り口を、再度せん断金型で削り取り、平滑で精度の高い断面を得る加工方法です。
バネ加工技術 引張バネ 引張バネは、引っ張ることによる、反発力を利用したばねで、様々な機械部品として広く用いられています。
圧縮バネ 圧縮させることによる、反発力を利用したばねで、様々な機械部品として広く用いられています。また、衝撃や振動の緩和にも用いられています。
ねじりバネ コイルから先の端末部分の形状は、ねじりコイルばねをどのように取り付けるか、どのような場所に取り付けるかによって様々となっています。
板バネ加工技術 板ばねは曲げ変形による復元力を利用したものが多く、ばね用の薄板鋼材を使用し、プレス加工等で成形するのが一般的です。
フォーミング加工 フォーミング加工はコイル材から必要な長さの材料を引き出し、目的とする部品に自動かつ高速で加工することがでるほか、段取り替えが不要といったメリットがあります。
ショットピーニング ショットピーニングは、耐久性を要求されるバネ等に使用される技術です。
スナップピン製造 スナップピンは、シャフトやボルトなどの穴に差し込んで使用し、抜け止めや回り止めとして機能します。
接合技術 スポット溶接 スポット溶接は、金属の接合法である溶接の一種です。2枚の母材(被溶接材料)を圧着しつつ電流を流し、その抵抗熱で金属を溶かして接合します。
詳細を見る
プレスカシメ プレスカシメとは金属の板と板を繋ぎわせる工法をカシメと言います。塑性変形を利用する工法で、金属の板のみを使用する方法やリベットを使用する方法があり、ねじ絞めや溶接とは区別される接合方法です。
スピンドルカシメ スピンドルカシメとは金属の板と板を繋ぎわせる工法をカシメと言います。塑性変形を利用する工法で、金属の板のみを使用する方法やリベットを使用する方法があり、ねじ絞めや溶接とは区別される接合方法です。
Tig溶接 TIG溶接とは、Tungsten Inert Gas(タングステン 不活性ガス)溶接の意味で、電極棒にタングステンを使用して、溶接棒をアーク中で溶融して溶接する加工方法です。
不活性ガスにはアルゴンガスやヘリウムガス等が用いられています。
CO2ロボット溶接 ロボットは一般的に工場内に設置して使用されますので、工場で加工する溶接作業に多く用いられています。
組立て技術 組立て技術 組立工程では、複数の部材を組み合わせることで、新たな機能を付与していきます。種々の加工方法によって加工した部品を、締結・圧入・カシメ等により、組み合わせます。
金型治具製造技術 プレス金型 プレス加工を行う際に、使用する生産設備で、鋼鉄で作られており、大量に同一の製品を加工(打ち抜き・成形等)を行えます。
治具製造技術 治具はロボット溶接やロボドリル等の自動設備で生産する際に、製品を定位置に固定するために使用します。
開発設計技術 設計技術 VE提案と工程設計によって、製品や役務(サービス)などの価値(=製造・提供コストあたりの 機能・性能・満足度など)を最大化します。