バネ加工技術

引張バネ

引張バネは、引っ張ることによる、反発力を利用したばねで、様々な機械部品として広く用いられています。

圧縮バネ

圧縮させることによる、反発力を利用したばねで、様々な機械部品として広く用いられています。また、衝撃や振動の緩和にも用いられています。

ねじりバネ

コイルから先の端末部分の形状は、ねじりコイルばねをどのように取り付けるか、どのような場所に取り付けるかによって様々となっています。

板バネ

板ばねは曲げ変形による復元力を利用したものが多く、ばね用の薄板鋼材を使用し、プレス加工等で成形するのが一般的です。

フォーミング加工

フォーミング加工はコイル材から必要な長さの材料を引き出し、目的とする部品に自動かつ高速で加工することがでるほか、段取り替えが不要といったメリットがあります。

ショットピーニング

ショットピーニングは、耐久性を要求されるバネ等に使用される技術です。

スナップピン製造

スナップピンは、シャフトやボルトなどの穴に差し込んで使用し、抜け止めや回り止めとして機能します。