プレス(金型)品の短納期立ち上げ事例(23日で量産開始)

製品概要

材質                             鉄
大きさ                         120✕50✕10程度
流動数                         20,000個/年間
金型製作期間               17~19稼働日(製品による)
量産初回納入まで         23稼働日
総面数                        12面(プレス10面・面取り/タップ治具2面)

プレス金型製造が短納期で可能な理由

山陽では、毎月多数の新規金型を製作しておりますが、そのほか、金型協力工場様も複数社あり、多数のご依頼が一時期にに重なってしまった場合も、お客様の必要な納期に、お応えできる体制を構築しております。

 

金型製作時の徹底した寸法管理

プレス部品の良し悪しは、金型の出来栄えによるところも大きいです。

山陽では、お客様の要求寸法を満たすことはもちろん、社内で独自に設定した管理値で、寸法検査を行い、金型の合否を判定しております。

これは、社内製作の金型だけでなく、協力工場様に依頼した金型においても同基準で判定しております。