プレスカシメ

プレスカシメとは

カシメ加工は金属の接合方法の1種で、塑性変形を利用する加工方法です。
金属の板のみを使用する方法やリベットを使用する方法があり、ねじ絞めや溶接とは異なる接合方法です。
プレスカシメは、プレス機等を用い、接合する部品の一部を加圧しつぶすことでカシメる加工方法です。

特長

プレスカシメは接合する部品の一部を加圧でカシメるため、さまざまな形の部品を接合させることができます。
ツールや部品の形状によって、カシメた後の形状や機能も選択が可能です。
熱処理した製品やメッキした製品など、溶接に向かない製品を接合することができます。

用途について

用途:自動車・二輪車・農業機械・建設機械等 機械全般 など
材質:鉄・ステンレス など

製品事例

板に板を差し込みカシメ

片方の板の穴にもう片方の製品を差し込み、
差し込んだ製品の一部をつぶすことでカシメています。

巻き締めたカシメ

プレス品を折り返してつぶすことで、カシメています。

線材をつぶしたカシメ

線材の端部をつぶし抜け止めとすることで、ひとつの製品にしています。

複数箇所の同時カシメ

プレスカシメの場合、複数箇所を一度にカシメる事も可能です。