CO2ロボット溶接

CO2ロボット溶接とは

ロボットは一般的に工場内に設置して使用されますので、工場で加工する溶接作業に多く用いられています。
その最たるものが自動車産業です。自動車は溶接個所が多く、同じ物が繰り返し生産されるので,ロボット化が容易に行えています。
自動車部品の溶接個所に関して品質の安定と大量生産が可能になったことは、ロボットで溶接を行っていることが大きな要因です。

特長

ロボットでの作業は次のような特徴が上げられます。
①繰り返し同じ作業が出来る。誰が作業を行っても同じ品質のものができ上がる。うっかりミス(溶接忘れ)が無くなる。
②スピードが速い。人件費を削減できる。ロボットは専用機ではなく汎用性があるので,生産設備へのトータル投資を削減できる。
③生産計画が立てやすく生産管理がやりやすい。タクトタイムが早くなり設備稼働率も向上する。
以上のようなロボットを溶接作業に用いることによって生産活動にメリットを得ることができます。

製品紹介

CO2ロボット溶接を使った製品の事例を紹介します。

■鉄の溶接事例

■ステンレス(SUS)の溶接事例

ロボット溶接機を導入しており複雑な溶接形状でも安定した加工が可能です。