スポット溶接

スポット溶接とは

スポット溶接(電気抵抗スポット溶接)とは、電極の間に2枚の金属板を重ね合わせ、圧力を加えながら通電することで、抵抗発熱によって金属を溶かし溶接します。

特長

①点で溶接するため、1箇所あたりの溶接速度が速い
②熟練の技術を必要としない
③(接合する金属を溶かすため)溶接材料が不要
④圧痕が目立たず、仕上がりが美しい
⑤短時間で溶接するので、材料へ熱による影響を与えにくい

▶比較的薄い板0.5mm~2.3mm(薄板板金)の溶接に向いています
 ※3.2mm、4.5mmの実績あり

用途や材質について

用途:自動車、家電、建築
材質:鉄、ステンレス

スポット溶接により左図写真のような溶接が可能です。

製品事例

スポット溶接で仕上げた製品の事例をご紹介します。


ウィンドウレギュレーター
ブラケット×ナット
材質SPCD×SS
t=1.2
業界:自動車


ブラケット×クリップ
材質SPHC×SGCC
t=3.2×1.0
業界:ディーゼルエンジン


ブラケット×クリップ
材質SPHC×SGCC
t=4.5×1.0
業界:ディーゼルエンジン


ブラケット×ウェルドボルト×ピン
ブラケット 材質SPHC t=2.0
ウェルドボルト 材質SS Φ6.0
ピン 材質SS Φ8.0
業界:汎用エンジン

過去の経験を活かしたプロジェクション形状の選定・スポット条件の選定によりメッキ鋼板・板厚違い・複数重ねのスポットにも対応します。