Tig溶接

Tig溶接とは

TIG溶接とは、Tungsten Inert Gas(タングステン 不活性ガス)溶接の意味で、電極棒にタングステンを使用して、溶接棒をアーク中で溶融して溶接する加工方法です。
不活性ガスにはアルゴンガスやヘリウムガス等が用いられています。

特長

①ステンレス等の鉄以外の溶接も可能です。
②薄板や細線、複雑な形状等、精密さが要求される溶接に向いています。

用途や材質について

用途:薄物・細物の溶接や、ステンレスの溶接
材質:鉄、SUS

製品紹介

■鉄の溶接事例

■ステンレス(SUS)の溶接事例

ロボット溶接機を導入しており複雑な溶接形状でも安定した加工が可能です。