フォーミング加工

フォーミング加工とは

線材や帯板材を加工することでバネやクリップ、リング、コイルなどの部品を連続して製造できる装置です。
これが登場する以前は、線材を切断した後、複数の工程を経て一つの部品として仕上げる必要がありました。
そのため、原料の無駄が生じたほか、加工時間がかかりました。
これに対して、フォーミング加工はコイル材から必要な長さの材料を引き出し、目的とする部品に自動かつ高速で加工することがでるほか、段取り替えが不要といったメリットがあります。

特長

フォーミング加工から生み出される金属部品は、自動車部品をはじめ、電気・電子部品、建築金物、文房具など多岐にわたっています。
なお、フォーミング加工の中でも、バネを専門につくる機種は、ワイヤーフォーミングもしくは、ばね成形機と呼ばれることがあります。
フォーミングマシンのNC化、マルチ化が進んでいて、サーボモータの制御でより複雑な形状の部品を、高精度かつスピーディに製造できるようになっています。

用途や材質について

用途:自動車、家電、建材、産業機器、農業機械など
材質:SWB、SWC、SWPA、SWPB、SUS304WPB等
線径:0.4~6.0
板厚:0.3~3.0

製品事例

フォーミング加工によって製造された製品をご紹介します。


抜け止め防止Rピン
NCマルチフォーミング機を使用し、特殊形状でも短納期で対応可能です。