シェービング加工技術

シェービング加工とは

プレス加工に用いられる用語で、打ち抜きでせん断された切り口を、再度せん断金型で削り取り、平滑で精度の高い断面を得る加工方法です。シェービング加工の効果は、取り代(抜き代)の少ないほど、せん断面に亀裂発生の危険が少なく、プレス断面のダレ側から、かえり(バリ)側に向かって削り取る(プレスする)方法が一般的です。

また、シェービングに必要な加工力は、板厚よりも加工品の材質・周長・取り代(抜き代)によって決まり、通常のせん断加工よりも、はるかに小さい力で加工する事ができます。。

特長

シェービング加工は、一般的なプレス加工断面に対し、1工程加えることでせん断面を多くすることができます。

「相手品の当たり面のためせん断面が多く欲しい」といった場合に、シェービング加工を加えることで機械加工をせずに、プレス加工のみで欲しい加工断面を得ることができます。

用途や材質について

用途:自動車、二輪車、建材、産業機器、農業機械など
材質:SPHC、SCM415、S55C、SUS304、等
板厚:2.0~6.0

山陽の強み

山陽では、自動車・二輪車・産業機械・農業機械等々様々な業界向けにシェービング加工品を提案・納入してまいりました。
カム、スプロケット、ラチェット、ギヤといった製品にシェービング加工技術が使用されています。
産業機械・機能部品等々で相手品との勘合状態・摺動状態の向上に使用しています。

後工程でのバフ仕上げ削減、機械加工の削減、ファインブランキングよりの工法変更などでVA・VEの成功事例が多々ありますございます。
詳しくは、お問い合わせください。

製品事例

シェービング加工によって製造された製品をご紹介します。

スプロケット

シェービング仕上げ:穴・外周部
板厚:5mm

ラチェット

シェービング仕上げ:ラチェット部
板厚:4.5mm

ギヤ

シェービング仕上げ:外周部
板厚:4mm

ギヤ

シェービング仕上げ:穴・外周部
板厚:6mm