板バネ加工技術

板バネとは

板バネは曲げ変形による復元力を利用したものが多く、ばね用の薄板鋼材を使用し、プレス加工等で成形するのが一般的です。
また、厚板のものでは、ばねとしての作用だけでなく、構造物の一部として使用される場合もあります。

特長

板バネは自動車部品や、電機機器部品・文具など身の回りに広く用いられています。
押える・留めるといった使い方から、耐久性向上・軽量化を目的として用いられる場合もあります。

用途や材質について

用途:自動車、家電、建材、産業機器、農業機械など
材質:SK85、S60C、SUS304CSP、SUS301CSP等
板厚:0.3~3.0

山陽の強み

山陽では、ばね用ステンレス鋼板・ばね用冷間圧延鋼帯などの板材から、押え板バネ、クリップ、ウェーブワッシャ、接点バネなどの製品をプレス加工・マルチフォーミング加工で製造いたしております。

規格品には無い、特殊な形状を作りたい場合にご依頼いただくことが多く、使用方法をうかがい、形状・材質等のご提案も行っております。
加工時に使用する金型の製作から自社で行っております。

製品事例

板バネの製品事例をご紹介します。

エンジンバルブ部品

逆止弁用板バネ、バリ厳禁な場所の板バネでも対応可能です。

大容量ブレーカー部品

接点として使用しています。

ウェーブワッシャ

円状の薄板に波をつけた板バネで、スペーサー用バネとして広く利用されています。市販品も販売されておりますが、特殊サイズが必要となることもあり、弊社では特注サイズ品をプレス加工で製造しております。

各種押え板バネ・クリップ

お客様のご要望に応じた、さまざまな板バネを製作しております。
自動車・二輪車・電機機器・OA機器等々様々なお客様へ納入しております。