バリ潰し・R面押し加工

バリ潰し・R面押し加工とは

面押しとはプレス加工にて製品を抜いたりした時に出るバリを機械的に押し潰して除去することです。一般的にはバリ潰しという意味合いです。 同じ面押しでもR面押し(角部がR面)の場合でも使うケースもあるます。

特長

製品のエッジによる、組立作業中の災害防止に使用します。
繊維機器部品のバフがけ工数削減で行う場合もあります。

製品紹介

バリ潰し・R面押し加工で仕上げた製品を紹介します。

産業機械・機能部品等々で相手品との摺動部仕上げに多用しています。
電気部品・エンジン回り・機能部品などのバフ仕上げ削減・摺動部品数削減などでVA・VEの成功事例が多々ありますので、ご興味のある方は一度ご連絡ください。