金型の短納期製造

山陽だからできる金型品質

山陽では、金型を社内で設計・製作・トライ・調整・量産検証まで一貫して行うことができます。
プレス加工メーカーが製作いたしますので、品質の安定はもちろん生産性やメンテナンス性等に配慮した金型を製作することできます。

また、金型製作の協力工場様も多数あり、繁忙期(多面数)のご依頼もお任せいただけます。
1年間に400面以上を製作しております。

製品を短納期で作るためには、金型製造、プレス加工の各工程を短くしなければなりません。

すべての工程を社内で完結でき、かつこれまでの短納期実績がある山陽だからこそ、どこよりも早く製品を作ることができます。

短納期対応の秘密

設計・製作・トライ・調整・量産までの一貫体制

金型の設計・加工部門と量産プレス加工部門が同じ敷地内にあり、トライ調整の時に立ち合い、その場で金型の微調整が行える体制が整っています。

3DCAD・ワイヤーカット・ボール盤・研磨機・旋盤などの金型加工設備を取りそろえており、設計から加工までのリードタイム短縮を実現しています。

プレス金型400面以上製作の経験値

年間のプレス金型製作は400面以上あります。金型の基幹パーツの標準化を行っており、金型設計の時間を短縮しています。

測定機器も充実

測定方法を標準化することで、いつ誰が測定しても同じ評価方法で測定できる体制を構築しています。代表的な測定機器

山陽だからできる量産品の短納期対応

山陽では金型・治具を社内で設計・製作・トライ・調整・量産まで一貫して行うことができます。1年間にプレス金型400面以上製作しています。

43,000アイテム以上を立ち上げてきた経験を生かし、スピーディーな立上をお手伝いいたします。

測定機器も充実していますので、寸法確認・評価を行い、即量産を行うことができます。

21日で量産開始

  • 材質:鉄
  • 大きさ:60✕50✕20程度

23日で量産開始

  • 材質:鉄
  • 大きさ:120✕50✕10程度

40日で量産開始

  • 材質:鉄
  • 大きさ:500✕400✕120程度

対応可能なプレス材料の事例

一般名称 記号
冷間圧延鋼板 SPCC SPCD SPCE
熱間圧延鋼板 SPHC SS400
自動車用高張力鋼板 SAPH440 SPFH590
炭素鋼鋼板 S45C S55C SK85
クロムモリブデン鋼 SCM415 SCM435
溶融亜鉛メッキ鋼板 SGCC SGHC
電気亜鉛メッキ鋼板 SECC SEHC
その他メッキ鋼板 ZAM SA1C
ステンレス鋼板 SUS304 SUS430 SUS420
バネ用ステンレス鋼板 SUS301-CSP SUS304-CSP
アルミ A5052 A1100 A1050
伸銅 C2600 C5210 C5191